『帝一の國』公開から映画の続編が気になる人が続出!!

作品紹介

2017年に公開された『帝一の國』。

古屋兎丸原作の人気漫画の実写映画です。

原作の漫画は、2010年に「ジャンプSQ.19」で連載が始まりました。

日本一の名門校である海帝高校を舞台に将来の内閣総理大臣の座を目指すストーリーが面白いと話題になりました。

そんな『帝一の國』を永井聡監督が実写映画として手掛けました。

永井聡監督は、これまでに「いぬのえいが」や「世界から猫が消えたなら」を手掛けてこられました。

人気漫画である『帝一の國』を実写映画でどのように表現したのか注目です。

また、キャストにも注目が集まりました。

主演を務めたのが菅田将暉さんです。

その他のキャストとして野村周平さん、竹内涼真さん、間宮祥太朗さん、志尊淳さん、千葉雄大さんといった実力派若手俳優が揃って出演されています。

 

スポンサードリンク

主人公

『帝一の國』のストーリーの舞台となるのが海帝高校です。

海帝高校は、全国でもトップクラスの頭脳の持ち主が集まる日本一のエリート学校です。

この海帝高校には、全国からエリート学生が800人集まり、その中から生徒会長に選ばれた生徒は将来の内閣入りが約束されるのです。

全国から集まったエリート学生の中にすとーりーの主人公がいます。

主人公の名は赤場帝一です。

海帝高校に首席で入学した新入生です。

赤場帝一は、内閣総理大臣になることを野望としており、生徒会長の座を狙っています。

そんな、赤場帝一を実写映画で演じたのが菅田将暉さんです。

「菅田将暉」の画像検索結果

多くのドラマ、映画、CMに出演している俳優の一人です。

俳優として活躍する一方でミュージシャンとしても活動されています。

主な出演ドラマに、「ハンマーセッション!」や「悪党」、「問題のあるレストラン」などがあります。

映画では、「共喰い」や「闇金ウシジマくん Part2」、「暗殺教室」などに出演されていました。

『帝一の國』では、日本屈指の頭脳を持つ高校生の役を演じられました。

人気漫画の実写映画の主人公をどのように演じたのか気になるところです。

 

続編を望むストーリー

『帝一の國』は海帝高校という全国からエリート頭脳を持った学生が集まる学校が舞台ということもあり、真面目なストーリー内容が続きそうですが、ジャンル的には学園コメディーとなっています。

主人公の赤場帝一が他の学生とバトルをし、生徒会長の座を目指していくのですが、所々に思わず笑ってしまう展開やセリフが出てきます。

こういったギャグ要素を含んだストーリー展開も『帝一の國』の見どころの一つとなっています。

また、主人公の赤場帝一と同じくらいストーリーに欠かせない登場人物も見どころとなっています。

東郷菊馬、大鷹弾、氷室ローランド、榊原光明、森園億人といった個性豊かなキャラクターが登場します。

赤場帝一とのバトルシーンは目の離せないシーンの一つです。

原作の世界観を残しつつ映画独自のストーリー展開が見事にマッチしたこともあり高評価を得た作品となっています。

そのため、続編を期待する声も多数あがっています。

現在のところ続編を制作する発表はされていませんが今後、続編が制作される可能性はありそうなので注目です。

人気漫画の実写映画である『帝一の國』を一度ご覧になってはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です