『プリンセス トヨトミ』の映画でキャストとして、あの二人が登場!!

作品紹介

2011年に公開された映画『プリンセス トヨトミ』。

「その日、大阪が全停止した。」というキャッチコピーが付けられた歴史ミステリー映画です。

原作は「鹿男あおによし」や「鴨川ホルモー」で知られている万城目学の小説「プリンセス・トヨトミ」です。

原作の小説は、直木賞候補にも挙がった人気となった作品です。

そんな原作の小説を鈴木雅之監督が実写映画として手掛けました。

鈴木雅之監督は、これまでに「GTO」や「HERO」などの映画で監督を務められました。

『プリンセス トヨトミ』では、これまでの作品とは異なる歴史ミステリー映画作品の監督を務めるとあって公開前から注目を集めました。

ストーリーは、会計検査院の調査員が、謎の財団法人の目的、真相を追求するものとなっています。

そして、ストーリーの舞台となるのが大阪となります。

作品の中で、大阪の名所や街並みが数多く登場し、見どころの一つとなっています。

また、大阪の街を舞台に登場するキャスト陣も注目されました。

 

スポンサードリンク

松平元

『プリンセス トヨトミ』の主要人物の一人として松平元が登場します。

松平元は、会計検査院の調査員で、対象者を徹底的に追い詰めることで有名で「鬼の松平」と呼ばれています。

ストーリーでは、この松平元が携帯をある場所に忘れたことをきっかけに大きく動いていきます。

そんな松平元を演じたのが堤真一さんです。

「堤真一」の画像検索結果

ドラマ、映画で高い演技力を見せてくれる俳優の一人です。

主な出演ドラマに「GOOD LUCK!!」や「マッサン」、「スーパーサラリーマン左江内氏」などがあります。

映画では、「着信アリ」や「ALWAYS 三丁目の夕日」、「容疑者Xの献身」などに出演されていました。

様々な役をこなす堤真一さんですが、『プリンセス トヨトミ』では、真面目で厳格な人物の役を演じています。

ストーリーの中でも重要な人物ですので、堤真一さんの演技に注目です。

 

鳥居忠子

『プリンセス トヨトミ』のヒロインとなるのが鳥居忠子です。

鳥居忠子は、会計検査院の調査員である松平元の部下になります。

少し頼りない面はあるものの、時々大きな成果を上げるなどして上司である松平元を手助けしています。

そんな鳥居忠子を綾瀬はるかさんが演じました。

「綾瀬はるかさん」の画像検索結果

綾瀬はるかさんは、数々のドラマ、映画で主演を務めたことで有名な女優です

主演ドラマに「ホタルノヒカリ」や「八重の桜」、「きょうは会社休みます。」などがあります。

主演映画は「ひみつのアッコちゃん」や「海街diary」、「高台家の人々」などがあります。

『プリンセス トヨトミ』では会計検査院の調査員という今まで演じたことのない役を演じました。

ストーリーの中での綾瀬はるかさんの演技も見どころの一つとなっています。

堤真一さん、綾瀬はるかさんの二人の注目人物が出演する『プリンセス トヨトミ』を一度ご覧になってはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です