『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』のあらすじが気になる人が続出!?

作品紹介

1981年に公開されたアドベンチャー映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』。

「インディー・ジョーンズ」シリーズの第1作目の作品でもあります。

この記念すべき作品の監督をスティーブン・スピルバーグ、そして製作総指揮をジョージ・ルーカスが務めました。

スティーブン・スピルバーグは、「ジョーズ」や「E.T.」、「ジュラシック・パーク」などの作品で監督を務めたり、アカデミー賞の監督賞など数多くの賞を受賞していることで有名です。

ジョージ・ルーカスは、「スター・ウォーズ」シリーズの監督として有名です。

世界に名作を送り込んだ二人が初めてタッグを組んだ作品が『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』なのです。

そのため、作品が公開される前から注目を集め、公開後は鑑賞した人々の心を掴みました。

ちなみに、作品のタイトルにある「レイダース」の意味は、盗賊や襲撃者になります。

そして、「失われたアーク」とは、ユダヤの秘宝であるモーセの十戒が記された石板を納めた聖櫃のことです。

 

スポンサードリンク

ストーリー

1936年という時代を背景に、プリンストン大学の考古学者のインディアナ・ジョーンズ教授の冒険を描いています。

ある日、ジョーンズの耳にナチス・ドイツがタニスの遺跡で聖櫃(アーク)の探索を始めたという情報が届きます。

そして、ナチスよりも先に聖櫃を手に入れてほしいと依頼を受けます。

その依頼を承諾したことによりジョーンズの長く厳しい冒険が始まるのです。

聖櫃を手に入れるためにはラーの杖飾りが必要でした。

ラーの杖飾りはジョーンズの師であるアブナー・レイヴンウッド教授の元にありました。

ジョーンズは、ナチスより先にラーの杖飾りを手に入れようと試みます。

しかし、ラーの杖飾りはナチスがジョーンズより先に手に入れてしまいます。

ラーの杖飾りは、魂の井戸という聖櫃が隠された場所を特定するのに必要でした。

果たして、ナチスがラーの杖飾りを手に入れている状況でジョーンズは、聖櫃を手にすることはできるのでしょうか?

見どころは、ストーリーの中で繰り広げられるナチスとの攻防です。

先の読めないアクションシーンは見どころの一つとなっています。

 

インディアナ・ジョーンズ

『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』の主人公がプリンストン大学で考古学の教授をしているインディアナ・ジョーンズです。

インディアナという名前から「インディ」と呼ばれています。

そんなインディを演じたのがハリソン・フォードです。

「ハリソン・フォ...」の画像検索結果

ハリソン・フォードは数々の作品に出演し活躍されてきた映画界でもトップの俳優です。

主な出演映画に「スター・ウォーズ」シリーズをはじめ、「ファイヤーウォール」、「エンダーのゲーム」などがあります。

また、「刑事ジョン・ブック 目撃者」でアカデミー主演男優賞にノミネートされるなど実力も申し分ない俳優でもあります。

そんなハリソン・フォードが出演した『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』は30年以上も前の作品なのです。

スティーブン・スピルバーグやジョージ・ルーカス、ハリソン・フォードが共演を果たした『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』を一度ご覧になってはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です