『ナラタージュ』が実写映画になる!!そのタイトルの意味は?

 

ナラタージュが映画化

2017年10月に『ナラタージュ』という映画が公開されます。

島本理生原作の恋愛小説で、2006年に「この恋愛小説がすごい!」で1位を獲得したり、「本屋大賞」で6位に選ばれました。

そんな『ナラタージュ』を行定勲監督が実写映画として手掛けました。

行定勲監督は、これまでに「世界の中心で、愛をさけぶ」や「クローズド・ノート」、「パレード」などの話題作を手掛けてこられました。

主要キャスト陣に、松本潤さんと有村架純さんが起用されています。

松本潤さんは、高校で社会を教える教師の葉山を演じます。

そして、有村架純さんは、葉山の生徒で高校時代、卒業後も想いを寄せる女性を演じます。

松本潤さん、有村架純さんという芸能界で活躍している二人が出演するとあって、公開前から注目を集めました。

そのストーリーも、どのような内容になるのか気になるところです。

 

スポンサードリンク

ストーリー

主要人物の葉山と工藤泉は高校で、教師と生徒という関係で出会います。

高校時代、泉は居場所がない孤独な日々を過ごしていました。

ある日、教師の葉山から演劇部への入部を提案されます。

泉は、その提案を受け入れ、演劇部へ入部します。

演劇部へ入部したことで、泉も居場所を見つけることが出来たのでした。

居場所を見つけた泉は、しだいに葉山に好意を抱くようになります。

しかし、その思いとは裏腹に、大きな進展もなく卒業します。

卒業から数年経ったある日、葉山から泉に突然、連絡が来ます。

その内容は、後輩の卒業公演を手伝って欲しいというものでした。

泉は、その要望を承諾したと同時に、忘れかけていた葉山への想いが再び沸き上がります。

数年ぶりに会った二人は、お互いに意識し始め、そして好意を抱くようになります。

しかし、この二人の恋の前には様々な難題があり、それらが二人の運命に大きな影響を与えるのです。

果たして、二人の恋の行方はどうなってしまうのでしょうか?

 

ナラタージュの意味

『ナラタージュ』は、島本理生原作の恋愛小説ということもあり、読まれた人やファンになられた人も多いのではないでしょうか?

そのストーリー内容も定評があり、賞やランキングで上位を獲得するなど話題の作品でもあります。

ストーリーの展開やラストが気になる作品でもありますので、映画での表現がどのようになるのかも見どころの一つです。

キャスト陣の演技やストーリーなど気になる要素が多い作品でもありますが、『ナラタージュ』というタイトルが一番気になった人も多いのではないでしょうか?

『ナラタージュ』とは、「ナレーション」と「モンタージュ」という言葉を合わせたものです。

つまり、『ナラタージュ』とは、新しく作られた言葉なのです。

「ナレーション」は、ドラマや映画などでストーリーを声で表現することで、「モンタージュ」は断片的なものを組み合わせて、写真や映像として表現したものです。

そんな「ナレーション」と「モンタージュ」が合わさって作られたのが『ナラタージュ』なのです。

『ナラタージュ』の意味を理解するには作品を見ることで分かるようで、言葉だけ見ても理解することは難しいようです。

ストーリーを見ることで『ナラタージュ』というタイトルの意味に納得できるのではないでしょうか?

タイトルの意味が気になる『ナラタージュ』は2017年10月に公開予定となっています。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です